ガスの種類とガス料金

ガスの種類とガス料金

subpage01

家庭で使用するガスには大きく分けて2種類あります。


このうち都市ガスは液化天然ガスを主な原料として使用するのに対してプロパンガスは原油を主な燃料として用います。その住居がいずれのガスを使用するのかによってガス料金が大きく変わってくるものです。


そもそも燃料となる液化天然ガスと原油の原価が違いますし仕入れるための運送料などもかかります。原油は主に中東から運んでくる必要があるためその運送費用も大きくかかる仕組みです。


その分ガス料金に上乗せされて支払うようになります。
一方液化天然ガスは原油ほどの価格では無いため原則として安価な傾向があります。

ガス料金を調べるならこのサイトです。

しかも中東のように戦争や内乱が多い地域から運んでくる必要性は少ないです。


そのため液化天然ガスは原油から精製されるプロパンガスよりも安価であることからガス料金も低くなります。



このようにガスの料金はその原料によって大きく異なりますが、比較的安い都市ガスの選択は難しい場合が多いです。


家庭に引き込む際のパイプなどは専門のものを使用しなければなりませんし、その他にもガスレンジなども専用のものを使用します。
さらにこうした機械類の接続なども専用の業者が行う決まり事になります。


つまりプロパンよりは制約が多いことがネックになっているわけです。



このように料金そのものが安価であれば使用したい都市ガスであっても使用できる環境ではないため、プロパンガスの使用で対応することが現実的な状況になります。

賃貸などの物件ではこの点にも注意をして決めることが大事です。

ガス料金の最新考察

subpage02

住宅を建築した後で行わなければならない重要なことの1つにガス会社との契約があります。近年の住宅においてはガスの供給を受けないと文化的な生活ができない傾向にあるため、ほぼ全ての住宅でガスの引き込みを行っており、ガス会社との契約を行う必要があります。...

NEXT

ガス料金の身に付けたい知識

subpage03

日々の積み重ねの光熱費軽視出来ませんね。少しでもお安くお得になるガス料金情報をお届けしたいと思います。...

NEXT

ガス料金入門

subpage04

ガスも乗り換えができることを知らずに昔から同じ事業者を使い続けている人も多く、比較してみると今よりもお得に使える場合があるのでこれまでの使用量を参考に試算して比べてみるとよいです。各社プランがあってその中でも料金が違ってきますから、ガスの乗り換えを考えた場合にはプランの内容までしっかりと確認しましょう。...

NEXT

いまどきのガス料金

subpage04

2016年4月に電気料金自由化が施行され、続いて翌年の2017年4月はガス会社の乗り換えが可能という、ある意味新たな出発点と考えて良いでしょう。そして都市ガスの乗り換え自由化は当業界で適正な価格競争を促し、よりよいサービスの工夫が凝らされる事に繋がりました。...

NEXT