24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

自動車の最高峰レースカテゴリーのフォーミュラ1

自動車の最高峰レースカテゴリーといえばフォーミュラ1であるが、2014年のレギュレーションの変更以降のメルセデスAMGの圧倒的な強さがフォーミュラ1ファンを減少させているとして、フランスの国営企業であり日本の日産自動車の親会社に当たるルノーや日本でもエナジードリンクメーカーとして知られるレッドブルが、フォーミュラ1から撤退する噂が絶えない。近年のフォーミュラ1は、2001年より2005年までの5年間をフェラーリ所属のミハエル=シューマッハ、2010年より2013年までの4年間をレッドブルレーシング所属のセバスチャン=ベッテルが連続して年間チャンピオンを獲得していますが、どのレーシングチームも撤退を示唆したチームや噂も無かったのです。フォーミュラ1を統括団体FIAでは、赤い跳ね馬のフェラーリが強く、他のレーシングチームがフェラーリに追随する形が好ましいと考えており、ミハエル=シューマッハの全盛期にはさしたる不平も無かったとされています、それを裏付ける様に暗黙の了解事項と統括団体FIAでは、通常のコンストラクターズランキングに応じた分配金とは、別にフェラーリに対して毎年多額の不公平な分配金が支払われています。セバスチャン=ベッテルの年間チャンピオン獲得時には、細かなレギュレーションの変更でレッドブルレーシングの速さを削ぐ動きがありましたが、撤退を示唆したレーシングチームは表立って無かったのが現実ですが、現在はレッドブルがFIAを脅す形となっており、更にファンが減少しています。

又、FIA世界耐久選手権WECや電気自動車によるフォーミュラEが注目されており、フォーミュラ1ファンの減少に拍車をかけているとされています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です