レンタカー, 名古屋, 旅行関連

電気自動車はエンジン車の置き換えには向かない

売れている車種を見ても電気自動車に一番求められていることは航続距離の改善であることは間違いないでしょう。最も売れているリーフが一番航続距離が長いわけです。これは今の航続距離ではガソリン車の置き換えとしては明らかに不足を感じるものなので当然と言えますが、電気自動車の特性を考えると航続距離を伸ばすことは色々と不利なことになりそうです。まずエンジン車と違ってバッテリーが非常に重いのですが、航続距離を伸ばすためにバッテリーを大型化すると、更に重くなり、結果として燃費が悪化します。

そこでまたバッテリーを大型化することになって、更に燃費が悪化します。この様に大きなバッテリーの採用は航続距離を伸ばすよりも重いバッテリーを運ぶために無駄に使われてしまい、燃費の悪化になるのです。また大きく大容量のバッテリーを充電するのには大容量の充電スタンドが必要になります。今の普通の200vでは足りません。

今のままでは大電力の充電には時間がかかってっしまいます。つまりやはり出来る限りバッテリーを小さく軽くすることが効率のよさにつながり、エコになるのです。そのように考えると電気自動車の利用は今のエンジン車の置き換えではなく、また違う利用形態を考える必要があるのではないでしょうか。例えば地域を限定して遠出には利用しない自動車とか、高速道路を長距離利用することはあきらめて、都市間交通は公共機関を利用する前提にするとかです。

短時間のカーシェアリングなども可能性があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です