レンタカー, 名古屋, 旅行関連

自動車の自動運転に不可欠な自車位置情報

自動車の自動運転に関しては、各国の自動車メーカーや大学などの研究機関で研究開発が進められ、2014年にはドイツメーカーが自動運転の実証実験に成功していますが、ドライバーの操作を必要とする高度運転支援技術を研究開発している自動車メーカーが大半です。ミリ波レーダーや画像センサーなど車両に搭載される現状の機器だけでは、2030年までに完全な自動運転の実用化は不可能とする国内の部品メーカーもあります。その為、車載されている高度運転支援技術とインフラ協調型安全運転支援システムとの連携が模索されています。インフラ協調型安全運転支援システムは、車同士の無線通信や道路に設置された路側機と車との無線通信を用いた相互情報提供により、複数のレンズを搭載している自動運転支援向け次世代S-Cam4カメラなどのセンサーでは検出する事の出来ない交差点などで接近車両や歩行者の有無や動静の情報をドライバーに提供する事が可能なシステムです。

日本では、2012年に700MHz帯を用いたITS無線通信規格が策定されており、実用化に向けた官民共同で開発が進められている期待のシステムです。又、スウェーデンの自動車メーカーでは、道路下200mmに埋設された複数のフェライト磁石を利用して自動車の位置を測定するシステムの実験を行っています。フェライト磁石による測位情報は、既存のGPSやカメラに比べて悪天候や物理的な障害などの影響を受け難いとされ、高精度で確度の高い自車位置を必要とする自動運転への流用や豪雪地帯での予防安全システム構築に役立つと期待されています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です