24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

中古車の判断基準とは

中古車にとって年式というのはとても重要になります。中古車を購入する時も売却する時も、年式は最重要項目になりますので、この関連性をよく知って評価しましょう。まず中古車の判断する年式の基準として3年と5年があります。3年というのは新規登録された車であれば、車検まで3年ありますので、売却する場合は新規登録から3年以内に売れば高い査定金額を得ることができるでしょう。

逆に3年以内の車を購入するのであれば、車検がついていますのでお得になります。しかし市場に出ていないことも多いです。そして5年はモデルチェンジが起きやすい時期ですので、5年経過する間際に売る人も多くなってきます。モデルチェンジが発表された後では、所有している車は旧モデルになりますので、価値が下がる傾向が高くなることからモデルチェンジが発表されるまでに売ろうとする人もでてきます。

また購入する場合はモデルチェンジした5年経過した車は市場に多く出ることから、市場原理が働いで安く購入できることが多いです。3年と5年で着目すると賢く行動することができるでしょう。しかし年式ばかり注目すると失敗を生む原因になることもあり、たとえば5年経過していて7万キロ走っている車であれば、走行しすぎといった判断になります。これは1年に1万キロという基準があることから走り過ぎと判断されることが多いからです。

あくまでも年式と走行距離のバランスよく見て中古車を判断してください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です