24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

車をレンタルする前に知っておくこと

車をレンタルする前に、トラブルを防ぐために把握しておくことがあります。まず、初心者ドライバーですが、基本的にレンタルが可能です。しかし免許を取得して6ヶ月以上経たないとレンタルできないと制限している場合もあります。初心者がレンタカーを運転するときは、必ず初心者マークを付けます。

会社によっては有料で初心者マークを貸し出す場合があります。事前に準備しておくと突然の出費を抑えられます。次に免責補償制度です。事故などで車両保険や対物保険が適用されると、保険会社は一定の金額は免除され、加入者が免除された分を支払います。

そこで、免責補償制度に加入していれば、加入者にかかる負担額を補償してもらえます。車両を1日レンタルすると、1000円~数万円の補償費用を払うことで、万が一の事態に備えます。レンタカーのプランに免責補償制度が含まれているか確認します。またノンオペレーションチャージ休業補償では、事故で車両を壊したときに、その修理代や営業できなかった分の補償をします。

ただし補償する金額は会社ごとに違うので、レンタカーを選ぶときに比較します。そしてレンタル時間を延長する場合は、超過時間が分かった時点で会社に連絡します。時間性と歴日制では超過時間に対する計算方法が異なり、料金が加算されないこともあります。さらにペットを乗せていいかは会社の判断に委ねられます。

同じ会社でも車種によっては、ペット禁止の場合があるので、事前に確認します。24時間のレンタカーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です