レンタカー, 名古屋, 旅行関連

アメリカで車をレンタルしたときの運転の注意点

交通ルールの異なるアメリカで車をレンタルする場合は、注意が必要です。まず、アメリカか左ハンドルで右側通行をします。右折や左折、駐車場から出るときに、日本の習慣で左側通行をしやすいです。またウインカーとワイパーのレバーは日本の車と反対に配置されています。

次にアメリカの黄色信号は、赤信号に変わるまでの時間が非常に短いです。さらに交差点で反対側の信号がすぐに青に変わることもあります。黄色信号の間隔は時間帯や地域によって違うので、慣れないうちは十分な車間距離を確保します。アメリカはスクールバスが子どもたちを降ろすために停車していたら、後続車が追い越すことは禁止されています。

「Stop」サインを出していることが多いので、それに従います。アメリカのフリーウェイは何回利用しても無料です。フリーウェイは日本の道路に比べると、車線が多くて道幅も広いです。路面の舗装状況が悪く、ひび割れや凸凹した道が続きます。

パンクを防ぐために、レンタルする前にタイヤをチェックします。すり減っていれば、他の車をレンタルした方が良いです。多くのフリーウェイには菱形のマークが目印のカープールレーンがあります。しかし1台の車に指定された人数以上乗車していないと通れないので注意します。

例えば「2人以上」のレーンを一人で走行すると、違反とみなされ罰金を支払います。ハイブリッド車なら1人で通っても良い場合がありますが、地域や車種によって異なるので通らないのが無難です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です