24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

売れるクルマと売れないクルマの自動車比較

売れるクルマと売れないクルマを比べてみると、いろいろな傾向が見えてきます。2014年度の販売ランキングでは、軽自動車がベスト10の半分を独占しました。またコンパクトカーや燃費の良いハイブリッドカーもよく売れています。つまり、よく売れるクルマというのは、経済性の高いクルマであることがわかります。

それに対してあまり売れなかったクルマというのは、トヨタセンチュリーや日産シーマなど高額なクルマが多いという結果になっています。高額なクルマは一台あたりの収益が大きいので、それほど数が多く出なくても良いのかもしれません。また、モデルチェンジしたばかりのクルマと、モデル末期のクルマでは売上が大きく違います。当然、最新モデルのほうがよく売れています。

かつては4年毎にフルモデルチェンジを行い、途中の2年目にテコ入れのためにマイナーチェンジを行うことが多かったのですが、最近はモデルチェンジの時期が長くなっている傾向があります。たとえば、2014年にわずか380台しか売れなかったトヨタistは2007年からモデルチェンジが行われていません。発売当初はよく売れたモデルなので、モデルチェンジを楽しみにしている方も少なくないことでしょう。ところで、モデルチェンジをせずに、一台限りで姿を消していくクルマもあります。

事情はそれぞれ自動車メーカーごとにあるのでしょうが、単純に売れ行きが悪かったからということだけが原因ではないようです。たとえば、似たような性格のクルマが同じ自動車メーカー内にある場合、国内で販売が終了しても、海外では販売されるというケースもあるようです。24時間のレンタカーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です