24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

EV自動車普及が日本経済に与える影響

トヨタが風邪をひけば日本経済も風邪をひくと言われ、日本経済は自動車関連産業で成り立っていると言っても過言では無いとされています。IT産業などの新興産業が伸びても自動車関連産業の裾野の広さには、勝てないのが現実です。自動車関連産業の衰退は、日本経済の衰退ともいえます。しかし、EVの普及は日本経済の衰退及び弱体化を招く可能性があるとされています。

ブラウン管テレビは、高い設計力と高い製造技術が必要とされていた事から、発展途上国などで製造される事無く、日本の家電メーカーがシェアを独占していましたが、液晶テレビやプラズマテレビなどの薄型テレビの普及に伴い日本の家電メーカーのシェアが著しく低下し、薄型テレビから撤退しています。撤退の理由としては、薄型テレビは液晶やプラズマの映像パネルと画像エンジンがあれば、町工場程度の設備でも製造が可能であり、非常に低価格で製造販売が可能である事や企業単位で戦う日本のメーカーが官民一体で戦う外国企業に負けた事にあります。日本や欧米諸国で製造販売されているEVは、高出力モーターに高性能のリチウムイオンバッテリーなど各メーカー独自の技術が搭載され、非常に高価です。EVは、薄型テレビと同様にモーターとバッテリーがあれば製造が可能であり、非常に低価格で製造販売が可能です。

中国のある地域では、貧弱なモーターと鉛を使用した粗悪なバッテリーを組み合わせたEVが販売されますが、ガソリン車よりも燃料費が安いとして人気です。薄型テレビの様にEVの普及が、日本経済に暗い影を落とすのではないかと心配されています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です