レンタカー, 名古屋, 旅行関連

高齢者が自動車を運転する際には

最近の高齢者はとても元気な方が多いです。80歳を過ぎても自分で高速道路運転して、いろんな所に旅行に行ったり、ドライブを楽しんでいます。しかし、時折高齢者が高速道路を逆走してしまったり、線路の上を走ってしまうというニュースを見聞きします。では、高齢者が自動車を運転する際にはどんなことに気をつければいいでしょうか。

それは、自分の限界をよく知って無理のない運転をすることです。高齢者になると、高齢者講習が開かれます。また、市や町によっては高齢者が安全に運転できるかどうかの適性検査が開かれますので必ず参加しましょう。そのさいに、運転には十分注意するように言われたり、家族から一人での自動車運転は危ないことを指摘されたなら、一人で遠出することは避けましょう。

とはいうものの、自動車は高齢者にとって必要な交通手段ですから運転を取り上げるなら生活に支障をきたします。それで、遠出する時や高速道路を運転する時には十分注意して、家族のだれかに同乗してもらいましょう。さらに、夕方や夜間の運転は視界が妨げられますので、用事などは明るいうちにすませるようにすると安全でしょう。高齢者であっても、的確な判断をしたり運動神経や反射神経は衰えておらず元気な方はとてもたくさんいます。

ぜひ、これからも元気で長生きするためにもいろんな所に出かけて観光やドライブを楽しみましょう。そして、自動車を運転する時には、シルバーマークを必ずつけるようにしましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です