レンタカー, 名古屋, 旅行関連

自動車の居眠り運転事故

自動車で多いのは、居眠り運転です。長時間運転していると、急に睡魔に襲われることがあります。それを我慢して運転をし続けていると、一瞬意識を失うように眠りに落ちてしまうことがあるのです。一瞬でも眠りに落ちてしまえば、それがもとで大事故につながることも少なくありません。

まったくブレーキを踏まない状態での事故などは、この一瞬の居眠りによる事故が多いのです。このように危険な居眠り運転による自動車事故を防ぐためにも、睡眠不足や疲れが溜まっている状態で自動車を運転しないことが大切です。長時間の運転することがわかっているなら、前日の夜は少し早く寝るようにしたり、眠気を感じたら、無理をせず車を止めて休憩をとるようにすることが大切です。それでも眠気がなかなか取れない場合は、自動車の中で仮眠をとるとよいでしょう。

15分程度眠るだけでも頭の中はすっきりします。ただ仮眠をとったあとは、しばらくぼっとしてしまうので、起きてすぐに運転するのではなく、頭の中がはっきりしてきてから運転を再開するようにしましょう。仮眠をとる時間がないときは、甘いものを食べると血糖値が上がるので一時的ですが集中力が上がり、眠気がとれることがあります。また眠気にはカフェインが良いとコーヒーを飲む人が多いですが、カフェインの効果が出てくるまでに30分程度の時間が必要です。

眠気をすぐに解消したいと言う場合にはコーヒーは即効性がありません。ガムなどを噛むのも、脳を刺激して眠気には良いようです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です