24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

世界に広がる自動車産業

これまでは自動車産業というと、日本などの先進国がリードしてきたのですが、今はこの分野においても世界中に広がっているという状況になっています。特に電気自動車が誕生したことで、誰でも電気自動車をつくることが出来るようになったということが、大きな要因となっています。今では途上国でも車産業が活発になってきているのです。特に自動車は途上国で需要が拡大しやすいといったこともありますので、この分野に注目をする人はかなりいるのです。

これまでのガソリンエンジンでは、いってみれば空気を圧縮して爆発させてその莫大な力を駆動力としてきたので、その力を安全に抑え込むために、鋼のような固い鎧のようなものが必要となったのですが、このエンジンがモーターになったことで、車の構造から変わってくることになりました。車体に使う材料といったものも中らの鋼から、もっと軽い材料を使えるようになったのです。将来的にはF1などで使われているようなカーボンが使われるようになるかもしれません。そうなると、安全性といった点でもいまより格段にあがってくることになります。

今の材料とく全く違ってくるので、これまでの車業界の常識といったものが通じなくなり、新しく参入しやすい環境というのが出来てくることになります。そのため、今後は世界中でさまざまな車が登場することになりそうです。その地域の特性といったようなものを考えた、独自の車が登場してくることになりそうです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です