レンタカー, 名古屋, 旅行関連

自動車ローンと売却について

200万円を切る自動車というのは軽自動車、コンパクトカー、そして一部の小型車くらいになっており、諸費用を合わせると、多くの場合200万円以上が相場となっています。年収の3分の1程度を超えると、支払いが苦しくなってくると言われています。年収300万円以下の方が多いことを考えると、新車を購入することは簡単なことではありません。現金がない場合は、ローンを組むことになりますが、ローンを組む場合は金利を比較することが大切になります。

ディーラーが用意するローンだけではなく、銀行のマイカーローンなども見比べて、少しでも金利が低いところからローンを組むのが良いでしょう。その際には返済方法も考慮し、できるかぎりスムーズに返済できるように考える必要があります。ローン期間が長くなるほど、金利が嵩んで支払総額が多くなるので、ボーナスなどまとまったお金が入った場合は、繰り上げ返済ができると後々楽になります。ところで、ローンが残っている状態の自動車を買い替えることはできるのでしょうか。

まず自動車の所有者が誰になっているかを確かめる必要があります。本人名義になっているのか、ローン会社名義あるいはディーラー名義になっているのかによって変わってくるからです。本人名義になっていれば、自動車を買い替えても問題はありません。クルマを売却したお金をローンの返済に充てることができます。

しかし、ローン会社やディーラー名義になっている場合は所有権を譲渡してもらう手続きが必要です。スムーズに譲渡の手続きを行うためには、やはりローンを完済してしまうほうが良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です