24時間, ビジネス/オフィス, レンタカー

自動車の常識はどんどん変わっていく

自動車はどんどん進化している面があり、以前の常識が今では非常識になっていることがあります。例えばエンジンオイルがそうです。現在国産車の場合低燃費の切り札とも言うべきものがエンジンオイルです。エンジンオイルはエンジン内の潤滑だけでなく、清浄、冷却、密閉、防錆など様々な機能を複合的に持っていますが、必ずある程度の粘度を持っています。

粘度が低いと圧縮漏れがしたり、潤滑が十分に出来なったりします。しかしエンジンオイルの粘度が高いとエンジン内で抵抗になり燃費が悪化します。そこで低燃費の為に思い切った低粘度のエンジンオイルを採用しているのが今のエンジンです、しかしこの低粘度はエンジンの保護と言う面からすれば必ずしも良いことではありません。この為にエコカー以前の自動車の常識ではない頻繁なオイル交換が必要になるのです。

またオイルの減少もし易いのです。ドイツ車などはオイルが減ることは仕方がないと割り切っていて継ぎ足しながら使うように指示されているほどです。この様な状態ですので一昔前の自動車のようなつもりでエンジンオイルの交換を怠っているとエンジンに深刻なダメージを与えてしまうことすらあります。オイル交換に時期も短めに指定してあるはずです。

新型車特に低燃費のエコカーではマメなエンジンオイルの交換が必要ですので、必ずメーカー指定の交換時期を守るように気をつけてください。一昔前まではターボや高性能エンジンでなければそれ程気にする必要はないと言うのが常識でしたが、今はまったく違っています。24時間のレンタカーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です