レンタカー, 名古屋, 旅行関連

自動車の所有者がなくなった場合

家族が亡くなった時に残った自動車はどうすればいいのでしょうか。そのままの名義で乗っていてもいいのでしょうか。廃車するときには普通に出来るのでしょうか。実は自動車は不動産ではありませんが、登記された動産なので、名義人が亡くなっているからと言って、簡単には登録を変更できないのです。

つまり相続が必要になります。相続と言うとびっくりしますが、通常は相続税が掛かるような高価な自動車はありませんので、単に名義の問題だけですが、それでも相続人は一人ではないのが普通なので、案外面倒なものです。まず相続人全員の意思を示すために全員の委任状を作らないといけません。委任状は普通の自動車の名義変更に使うものと同じです。

実印の委任状になるので印鑑証明も必要です。更に遺産分割協議書を作ります。書式ははっきり決まっていませんが、一般的なものありますので、ネット上で探すか陸運局で貰います。これにも相続人全員の署名と押捺が必要です。

この協議書で決めた代表の人の名義に変更することになります。もし同居の家族で、住所が同じなら、名義変更ですが車庫証明の提出は省略できますが、住所が別の人の場合通常の名義変更と同じように車庫証明も出します。また名義変更せずに廃車する場合も同じですが、同居の配偶者の人の権利で遺産分割協議書を作らないで、永久抹消することも出来ます。このときは配偶者の人の実印の委任状だけで解体後永久抹消ができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です