熟睡したのに朝起きたら疲れが取れない方や、肌が荒れたり化粧のノリが悪い方がいます。美容に気を遣ってる女性なら肌の状態には非常にシビアです。私たちの体は免疫力や回復力といった体調を整える働きが備わっています。しかし良質な睡眠が出来なければ、その働きは鈍るのです。

体内の不調は、やがて肌へ影響を及ぼしていきます。私たちの肌は睡眠中に、ターンオーバーと呼ばれる細胞の生まれ変わりが起きています。約4週間かけて表面まで辿り着きその役割が終われば剥がれ落ちます。この一連の動作のきっかけを作るのが成長ホルモンの存在で、分泌される事でターンオーバーのスイッチが入るのです。

この成長ホルモンの分泌を促す働きがあるのが、良質な睡眠です。眠りに付いてる時間は、いつでも成長ホルモンが分泌される訳ではありません。午後11時頃から午前2時頃までの3時間程度と短いのです。この時間帯に、夜更かしをしたり夜型の生活を続ける事があれば、ホルモンが分泌されず美容にとっては大敵となります。

まずは、正しい生活習慣を身に着ける必要があります。成長ホルモンが分泌される時間帯をゴールデンタイムと呼びますが、この時間に睡眠を導入させるには眠りを誘うホルモンのメラトニンを分泌を利用します。このホルモンは目覚めから14~16時間程度で分泌が始まります。起床時間を調整する必要はありますが、美容の為に少しずつ生活パターンを変える事も大事になります。

プロテインダイエットのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です