サポーターで膝の痛みを和らげる

階段の上り下りや長時間の歩行が不可能で日常生活において様々な制限が生じてしまう、健康のためにトレーニングをしたり気分転換のためにスポーツやアクティビティを楽しんだりすることが出来ずストレスが溜まる、関節を温めたり湿布を貼ったり内服薬を飲んだりしてもなかなか症状が緩和されない、集団行動をする際に他の人に迷惑をかけてしまうのが心苦しいなど、膝の痛みにまつわる悩みがあり適切な対処法を見出すことが出来ず困っているという方は多いのではないでしょうか。

安心安全のサポーターについて親身になってアドバイスいたします。

膝が痛くなる原因は色々ですが、加齢や肥満などがきっかけで痛みが出始めた場合は変形性膝関節症である可能性が高いです。



重症の場合は手術が必要になることもありますが、軽症の場合は対症療法で治ることも多いです。
治療と併用してサポーターを着用すると、膝関節に負担をかけることなく楽に生活することが出来るようになります。

サポーターを着用することのメリットとしては、厚手のサポーターで膝関節を覆うことで患部が温められて痛みが和らぐ、自然と関節の可動域が制限されるので症状が悪化したり激痛が走ったりするのを防ぐことが出来る、痛みを気にせずにアクティブに動きまわれるので長時間の移動を伴う旅行も安心して楽しめるなどがあります。
サポーターには様々なタイプのものがありますので、目的や用途によって使い分けましょう。



アウターに響かない薄手でコンパクトなものもありますし、厚手で幅が広くて安定感抜群なものもあります。